プロフィール

Shen

Author:Shen
Server:Bahamut
Job:量産型赤魔道士
エル♀が好き
マクロスはもっと好き

作った物置き場
TINAMI
Fig-Mo

キャラステータス

Profile Profile

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Mass production type RDM
うか様製作日記3
前回

4月は静岡HSの展示品作成や準備があったのでちょっと空きましたね、
といっても模型合宿から帰ってきてほぼ毎日作業はしてたのですが

そんでもってやらかしてしまいました
前回裳にシャドウを吹いてたらくどくなってしまって・・・
普通のパーツならジップロックにツールクリーナーと一緒にいれて
超音波洗浄機にかければ塗装は全部はがれるのですが
サイズ的にそういうわけにもいかず

image10239.jpgimage10240.jpg
バケットの内側にゴミ袋を引いてステンレス製のカップに
ツールクリーナーを入れてブラシで地味に洗い落としました
1時間ほどかかりましたが何とか最初の状態に
流石に家でやるわけにいかず職場で作業着に着替えてやりました

image10243.jpgimage10244.jpgimage10245.jpg
他のパーツも塗装を進めます
プラサフはGS-01 サーフェイサーエヴォを2.5倍に希釈して吹きました
裳と袖(というか白く塗るパーツ)はシャドウ無しにしました
髪、袴、前掛け、鳥居(は前回完成)
のカラーレシピはキット同梱のインストに有るので楽です

image10246.jpgimage10247.jpgimage10248.jpg
袖の赤い飾り紐(?)っていうのは袖をクリアコートして
エナメルで筆塗りしたほうが絶対楽なのにマスキングしてエアブラシ
色はガイアのエヴァレッドをそのまま使いました
上手くいくかどうかは別としてマスキング作業好き

個人的第一関門前掛けの模様です

image10249.jpg

自分がやった手順は
下地処理が終わった前掛けパーツに

プラサフ

ガイアノーツアルティメットホワイトを全体に塗る

白い三角の部分が残るようにマスキング

赤で塗る(インストにレシピ有り)

赤部分のシャドウを入れる

赤部分をマスキングして黒い部分を塗る

光沢クリアーでコート

模様をエナメル塗料で筆書き

という手順を踏みました
私の腕前では何度もやり直すことは分かりきってるので
クリアコートは3回くらい吹いて一日放置で乾かしました

image10250.jpg
模様は企画者さんのブログを遡って集めた写真を参考にしました
完成まで3時間くらいかかったかも。

キットには完成見本の写真が同封されてますが
製作代行の方が作った製品に私の腕前では追いつけるわけがないので
ある程度の妥協は仕方なしw

蛇足かもしれませんが上側の点が公式絵だと3つですが
キットの箱絵(元はファンアート)は4つなんですね
一応箱絵基準にしてみました

次は扇子の塗装ですがここでもやらかしましたw

image10251.jpg
プラサフを吹いて一通り塗装が終わってマスキングを剥がしたときに
塗料が剥がれてしまいまして・・・
原因は扇子パーツが薄すぎてマスキングをはがすときに
扇子パーツが曲がった時に塗料が剥がれたようです
一度ドボンして足付けをやり直したあと

image10252.jpgimage10254.jpgimage10255.jpg
ガイアマルチプライマー(希釈せずにそのまま)吹いた後に
全体を白で塗ってビリジアングリーンをクリアで薄めたものをエアブラシ塗装
グラデーション部分はちょうど良い感じにRが一致する塗料カップが
転がってたので押し付けて真横から吹き付けました。脅威の雑モデリングw
黒い部分は筆塗りで仕上げました
箱絵にあるサクラ模様はオミット
扇子のお尻の部分は手にささる為のダボがあるので
その中心に短いですが0.5mmの真鍮線を打ち込んであります

マルチプライマーは乾燥するとベタベタと粘着力が出るので
放置しておくとホコリが付いたりして厄介なので
すぐに塗装する予定がない場合はクリアコートをしておけばOKです

今回はここまで。

うか様製作日記4(完成)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://fastcast.blog51.fc2.com/tb.php/2022-9179a415
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)